MENU

目次

月経前症候群微熱対策ナビ

 

画像

月経前症候群とは、女性の約8割の人が経験したことがあるという生理前の憂鬱な体調不良や憂鬱、イライラなどの状態を言うのです。
これらの症状は、不思議な事に生理が始まると治まりますので、生理が来ることが待ち遠しくなってしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

月経前症候群

女性であれば仕方がない症状なのかもしれませんが、腹痛・下腹部痛・胃が痛い・下腹部がふくらむ・お腹が張る・腰痛・腰が重い・お尻から背中が痛い・肩コリ・胸の痛み、張り・頭痛・頭が重い・吐き気・寒気・のぼせ・動悸・めまい・貧血・気を失う・カゼに似た症状・のどが引っかかる・微熱が続く・眠気・肌アレ・ニキビ・吹き出物といったような症状が現れるという人もいるのです。

 

すべての症状が現れるとも限りませんし、個人差もありますので、重い軽いといった個人差もあるのです。

 

症状が重すぎて悩んでいるという人は産婦人科を受診してみるのもいいですし、食生活を正して、塩分控えめの食事を摂ったり、スナック菓子を控えたりと、自分の体に気を使った食事に変えていくようにしましょう。

 

ピルや漢方なども効果がありますので、病院で処方をしてもらって、月経前症候群の辛さから乗り切っていきたいですね。

 

 

月経前症候群の症状について

画像

女性が体調不良や精神的に不安定になってしまったりといった症状が出てきてしまうという症状に悩んでいるという場合、排卵後から月経の直前の時期にかけて起こっているのであれば、月経前症候群という症状かもしれないのです。

 

期間は個人差がありますので、排卵後から2週間くらい体調が悪くなってしまうという人もいますし、月経直前の1日だけ寝込んでしまうという人もいるのですが、寝込んでしまうほどの症状が重い重症な人もいるのです。

 

月経前症候群

これまで月経前症候群という症状を聴いたことがなかったという人も多いでしょうが、最近ではネットで検索される事も増えており、女性にとって深刻な問題となってきているのです。

 

生理前には性格が変わってしまうほど、不調になってしまうという人、月経の前にだけ極端に体調が悪いという人も多いので、ただ生理が重たいと思っている人も、最近では病院へ通う人が増えているのです。

 

下腹部の痛みや腰痛、頭痛にめまい、吐き気などが起こる人もおり、精神的にも落ち込むだけではなく、イライラしてしまったり、気分が落ち込んでしまったりと、自分だけではなく、周りを巻き込んで迷惑をかけてしまうという人もいますので、深刻な症状だと言われているのです。

 

月経前症候群と食べ物の関係

画像

月経前症候群を改善する為に気を付けたい点として、食べ物に気を使う事で改善するという方法があるのです。

 

月経前症候群は、女性の実に8割の人が経験したことがあると言われている症状で、生理の1〜2週間前から体調不良や謎のイライラが止まらなくなってしまったりと、辛い日々が続くのですが、月経開始と同時にその症状がなくなるのです。

 

月経前症候群

略してPMSと呼ばれる月経前症候群は、にきびや胸の張り、睡眠障害や便秘など、ストレスが溜まりやすくなるような症状が多くみられるのです。

そんなPMSを改善するために行いたい3つの方法としましては、意識をして減塩に取り組むという事が重要です。

 

減塩することにより、体が溜め込む水分の量を減らすことが出来て、むくみを改善出来るのです。

 

その為、漬物やスナック菓子なども控えたいところですね。
また、カフェインやアルコールの摂りすぎもよくありませんので、ノンカフェインのお茶や水などを飲むようにするといいでしょう。

 

また、カルシウムやマグネシウム、ビタミンB6といったサプリメントを摂ることによって、改善することもできますので、意識して摂取するようにして、憂鬱な時期を乗り越えていきたいものですね。

 

月経前症候群で使用できるピルは?

画像

女性の約8割りが経験したことがあるという月経前症候群は、生理前の憂鬱や体調不良など、怠い時期が続くことを言うのです。

重い人は寝込んでしまうという人もいるほど、男性にはわからない苦しい時期を過ごしているのです。

 

誰にも会いたくないと閉じこもってしまう人もいますし、仕事をも休んでしまうという女性もいるほどなのです。
そんな女性にとって深刻な悩みとなる月経前症候群を、ピルで緩和することが出来るというのです。

 

月経前症候群

低用量ピルは、避妊をしたいという方にも用いられる女性ホルモン剤なのですが、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たように排卵制御することが出来る薬なのです。服用しているという女性も多いのではないでしょうか。

 

そんな低用量ピルは、確実な避妊をすることが出来ますので、まだ妊娠したくないという人が多く服用しているのですが、生理痛や月経前症候群の軽減にも効果が期待できるものなのです。

 

そして、生理不順の改善をすることも出来ますので、生理不順で悩んでいるという人も、産婦人科へ行けば処方をしてもらう事が出来るのではないでしょうか。


その為、月経前症候群に苦しんでいるという人も、産婦人科を受診して、自分にあったピルを処方してもらうといいでしょう。

 

月経前症候群対策の薬

月経前症候群

月経前症候群に悩まされているという女性は、どうしようもないくらいの激しい辛さが毎月襲ってくるという恐怖と戦っているでしょう。

生理になると毎月寝込んでしまうという人もいるでしょうし、1〜2週間前から生理前は体調が悪くなってしまうという人もいるのです。

 

そんな月経前症候群の薬としましては、病院で処方される薬としましては、ピルを使用する事も多いのですが、その他には抗うつ薬、抗不安剤などを使用する場合があるのですが、抗うつ薬は、副作用にうつになるという恐ろしい成分が入っておりますので、あまりお勧めできる薬ではありません。

 

月経前症候群

下腹部の痛みや腰痛の場合にはプロスタグランジン合成阻害薬の非ステロイド系の抗炎症薬や鎮痛・解熱剤などを使用するのです。

このような月経前症候群の薬を処方された場合には、まずは飲む前にどんな効果が期待出来てどのような副作用があるのかという事を把握しておく事が大切です。

 

また、漢方なども効果が期待できますので、どうしようもなく辛い症状に我慢が出来なくなってしまったという方は、産婦人科へ受診をして、症状に見合った薬を処方して貰う事をおすすめします。

 

少しでも月経前症候群が軽くなって、快適な生活を送れるようになるといいですよね。

 

月経前症候群で悩み続けないで、少しでも楽になれたらと思います☆